だれも旅行や出張などで少しでも交通費を安くしたいものですが、ちょっと工夫すれば安く航空券を購入することができます。

1番いい方法は早く旅行を計画して、3か月程度前には飛行機の予約をすれば格安航空券が購入できます。

また、時間的に余裕がある方は、多くの方が旅行に行かれる時期を避けられシーズンオフの早朝や日中、深夜到着などの便にすると安く購入できます。
これらの航空券に共通していることは、航空会社が少しでも乗客をキープしたいということから、値段を安くして客寄せをしていることです。
中には、シーズンオフに利用者がとても少ない便においては特別格安航空券を売り出している航空会社もあります。

国内の格安航空券の情報収集ができます。

これらを利用すると、日常の半額以下の金額で利用できることがあります。

また、もちろんホテルとセットのパックにすると、ホテル代込みで往復の航空券より少ししか高い金額にしかならないので、全体的に安く感じることもあります。

国内の格安航空券にアクセスしてください。

また、片道に比べると往復で購入しても片道の金額の2倍よりかなり格安になります。



その他、若者向きのスカイメイトやお年寄り向きのシニアメイトなどの制度をとっている航空会社もあります。
これらも登録しておくと航空券はかなり格安で購入できますが、行楽シーズンなどで予約が多く満席のときはこの制度は利用ができません。

空席があるときのみ利用可能なので、時間的に余裕がある方にお勧めです。この制度は飛行機を空席が多いままで飛ばすのはもったいないので、せっかく空席があるのなら、その席を多くの方に利用していただく方がいいことからできている制度なので、もともと利用者が多い行楽シーズンには適していません。こうしてみると、旅行が早くから計画できたとき、直前の予約ときそれぞれ性質が違いますが、航空券の値段をインターネットで調べ、格安航空券を購入するとよいでしょう。